WordPressの設置からテーマや管理画面の編集までまとめました。

2013/08/01

目次

  1. インストール・設定
  2. オリジナルテーマの作成

インストール・設定手順

WordPressより、「wordpress-3.5.2-ja.zip」をダウンロードします。

ファイルを展開し、中身をルートディレクトリへアップします。

MySQLでデーターベースとユーザーを作成します。

「wp-config-sample.php」のファイルをコピーして「wp-config.php」の名前に変更します。

wp-config.phpの以下を変更します。

DB_NAME
DB_USER
DB_PASSWORD
DB_HOST
認証用ユニークキー

設定例


// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'pbtimes_db');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'pbtimes_wp');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'pass');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         ')p>Tprd2`Ad%`Op5izwuI[Ew^E M21*aWA@89)@ZbI@dQkddQ$JaY#QM-%1u.{Ud');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'EX8CgpwKoAu6a4}ws,Y|]v%|[v:Gel1kbLr!BGVYm6<kQN^UD:7c ^G#LYcx+i/]');
define('LOGGED_IN_KEY',    '|+^PV lCrS1X|Ld(!Y++dH@9iGH:ya/ze<o3s2!mb2;0@^*xA*$uUn9&4*4:q@[+');
define('NONCE_KEY',        '. hGE w.o5j`xZY/,9g3xsOfp*vf-zrdhep2>|LXfO47,|06RSSu$JgCxJZb.kHu');
define('AUTH_SALT',        ')UfM%1+FyC}`RZY#>&Te~UmUk3#@+!c,ehnLAC=N|Ju-!,FHXE>e25C+lkps6<bQ');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'i1BtaoONqfgr.R>:)qrMuV>.J?x07cwf:P(h0P?E^q=~M_nw,tFuEvm4uM% 2n.4');
define('LOGGED_IN_SALT',   'Oc;^t8~),8Lit[-.%g`gg~V2R<OZHfw1I>j2[.01QdJ;#Ho*5-wO#B7Jn)R(|z09');
define('NONCE_SALT',       'cGC+R]cwOv)L-QwnMT2n_RltR0=AG-pN+eHEaG8RP:)ggU_<nHY%UMvV#%izi{*.');

次に、http://[自分のドメイン名]/ に接続します。
画面が表示されるので、画面にしたがってタイトル・ユーザー名・パスワード・メールアドレスなどを設定します。

以上でインストール・設置が完了です。
ここまで約5分!簡単に設定ができるんです。

オリジナルテーマの作成

HTMLの作成

まず初めにコーディングを行い、HTMLファイルを作成します。
作成するファイルは、以下の3つ+CSSファイルとなります。

index.html
single.html
page.html

Wordpressの機能を付加

作成したHTMLにWordpressの機能を付加していきます。
トップページでは、index.php、header.php、sidebar.php、footer.phpが使用されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

LINEと連携したテイクアウト事前注文システム徹底比較!

目次 テイクアウト予約・注文受付システムのトレンド LINEと連携したテイクアウト事前注文システムの価格表 L.B.B.Cloud テイクイーツ...

PHPで動画の撮影日を取得

PHPで動画の撮影日を取得 概要 PHPからffprobeコマンドを実行し、動画の撮影日時を取得します。 コード $posted_at = ...

FullCalendarでGoogleカレンダーのようなUIを実装

jQueryプラグインFullCalendarのサンプル 概要 FullCalendarを使用して、GoogleカレンダーのようなUIを実装する使用例を...

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...
トップへ戻る